恵比寿整体脊椎

 バックボーンとは背骨のことですが、人間の基礎をなす良い喩えです。

 背骨は蛇腹の様に一本になっていますが、これを「脊柱」と呼びます。そして、その一つ一つの背骨を脊椎と言い、脊椎は頚椎7個、胸椎12個、腰椎5、仙椎5個(成長と共に結合する)、尾椎が3個の合計32個から成り立っています。

恵比寿整体脊椎

 しかし、生まれつきに意外と椎骨の数が多かったり少なかったりする人もいます。支障はないの?と思われがちですが、さほど重篤な異常が出るものではありません。(ちなみにキリンも頚椎は7個です)

 脊柱の真ん中には穴が綺麗に空いており、ここには人間の生命存続に重要な、脊髄神経が通っています。更に個々の脊椎の両脇からは、全身の末端組織まで伸びる神経が出ていて、高速道路でいえばインターチェンジにあたります。

 人間の中枢神経を保護しているのが脊椎ですから、非常に大事な骨ですが、ここには「保護」の他にも重要な仕事があります。それは身体の運動を実現することです。

恵比寿整体脊柱運動

 「なんだそんなことか」と思われるかもしれませんが、もしも、背骨がそれぞれ動くことができなければ、後ろを振り向くことも、道路に落ちたお金も膝を付かなくては拾うことができませんし、捕食動作能力が低いということは、自然界では致命的です。よって人類の進化もできなかったことでしょう。

 ですから、背骨の仕事は、中枢神経の保護をしながら、かつ運動を行わなければならないという、とても難しい仕事を課せられているのです。

 普段からせめて背骨くらいはメンテナンスしてあげましょう。