恵比寿整体聴覚について

  一般に言う耳という部分は、外部の耳介というところで、ここの耳たぶ以外は軟骨で形成されています。

 いわゆる耳掃除をする内部の部分は外耳道といい、鼓膜までは約2.5センチあり、中はS条に曲がっています。

 外耳道には耳道腺という汗腺があり、ここからの分泌物と、表面の皮膚が剥がれたものが耳垢になります。

恵比寿整体聴覚

 鼓膜は外耳と中耳の境目で、厚さは0.1ミリで楕円形、縦の長さは平均1センチにおよびます。

 ちなみに、鼓膜は薄くても神経や血管が走行しており、あやまって耳掃除で触れてしまうと、激痛を伴います。「鼓膜が破れた」と冗談で言う人がいますが、平手で叩いたりして空圧を急激に与えると、意外と簡単に破れてしまうものです。

 諸外国での鼓膜を破る一番の原因は、接吻による吸引が多いと聞きますが、これもまた空気の圧力には非常に弱いことを物語っている事象と言えるでしょう。

 鼓膜の内側には咽頭(喉の奥)からの入り込んだ空気で満たされており、ツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨という3つの骨が連なって、鼓膜から伝えられた振動をこの順番で伝達します。

 中耳炎という言葉もよく聞きますが、この骨の周辺の粘膜に炎症が起こる現象を言い、酷くなると音の振動を伝えられなくなり、難聴になってしまう可能性があります。

 中耳の奥には内耳があり、ここには蝸牛、三半規管、前庭などがあって、内部はとても複雑な迷路になっています。蝸牛には重要な聴覚器があり、そこに伝えられた振動は蝸牛神経→内耳神経を経て大脳に達するのです。

 下の図は人が聞くことが出来る音域です。

恵比寿整体音階

 

下は10〜100HZの音域です。ちゃんと聞こえますか?