恵比寿整体小腸大腸

 胃に入った食物は、次に小腸へ移動することになります。小腸は曲がりくねった菅で、十二指腸、空腸、回腸も3つからなっています。

恵比寿整体腸

 十二指腸は名前の通り、約十二本分の指の幅があることから名付けられ、全体にUの字をしており、胆嚢と膵臓から分泌された消化液が、十二指腸に開放される仕組みになっています。

 食物は次に、空腸と回腸以降しますが、この二つだけでも全長約6メートルある、とても長い道のりになります。ちなみに最初の空腸が、全体の大体2.5メートルが空腸で、あとの3.5メートルが回腸になります。

 勿論6メートルの腸を格納するためには、効率よく曲がりくねっていなければなりません。奥に行くに従い腸菅は細くなって行き、食物の栄養素を無駄なく吸収するように出来ています。

 ちなみに、胆嚢の胆汁は脂肪、膵臓の膵液は澱粉とタンパク質、空腸と回腸で分泌される腸液によって、麦芽糖や乳糖が単糖に変えられ、全ての消化と体内吸収を可能としています。

 小腸の最後は右下の下腹部辺りで盲腸に継り、大腸は右下から上に「上行結腸」横に「横行結腸」下に「下行結腸」左下の下腹部でS状結腸、そして直腸から肛門へと流れてゆきます。



大腸は長さは約1.5メートル程で、小腸から見れば短いですが、太さは小腸の約2倍あり、大腸では水分が主に吸収されてゆきます。

 腸は、ミミズのような蠕動運動により食物を運搬します。移動スピードはちょうど前日の昼に食べたものが、次の日の朝に出るのが一般的です。